カテゴリ:家族( 55 )

あるお母さんから
「子育てを頑張っているのにトラブル続きで」
「努力しても何も好転しない」
こんなお話を聞きました。

学年末で懇談会にでると周りのお母さんの悩みと自分の悩みの違いに愕然とする
子どもに任せているからと周りのお母さんからいわれると自分は子どもに翻弄されていて情けないと思う

本当に一生懸命子育てされているお母さんなんです
でもなんせ偏りのある子どもさんですから時間も手もかかる
できたと思ったらできなくなる
こんなことでと思うところに手がかかる

お母さん疲れてきているんですよね
毎日学校から帰ってきた子どもの様子を見ながら時間をかけて一緒に宿題をする
明日の授業についてお風呂などで声掛けをして予習をする
子どもが寝た後にノートや学習のチェックをする

こんなに頑張っているお母さん
素晴らしいんです
子どもも同じですが成果が出ると気分が上がるのですが先が見えなくなるスポットが時々やってきます
こんな時親子で辛いですよね

周りと比べないでください
大丈夫
しっかり頑張っています
そして頑張った分だけ成果はでるんです
子どもさんだけを見つめてあげてください
隣の芝生は青いんです
それだけかもしれません

お母さんは頑張っている
お母さんは素晴らしい
これだけは声を大にして言いたいと思います



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2018-03-24 16:07 | 家族
不注意の子どもさんは生活の中で行動が止まりやすく親御さんは非常に子育てに忍耐力がいりますね

朝の準備をしていたかと思えばほかのことを始める
宿題をしていたかと思えばぼ~としているか手遊びをしている
怒られれば机からは移動しないが手の皮をむいたり爪を噛んだりして勉強にはならない

こんなことが続くと親御さんはイライラがつのりますね
「どうしてこんなことができないの」
「なんで何回言われてもわからないの」
「何しているの」
「今何をする時間」
こんな声掛けのループが日々繰り返されますね

お母さんもきついし子どもさんも自尊感情がズタズタになります
どうせ僕はこうだもん
どうせ僕はできないもん
こんな気持ちが続いていくわけです

お互いとってもつらいですよね

こんな時には一度休戦しましょう
立ち止まって考えてみましょう
かっみに書きだしてもいいですよ
何ができないか
何ができているのか

ある子どもさんは
勉強時間が10分以上になるとダメなこと
同じ場所で学習するより移動したほうができること
机に座らずにバランスボールや立って学習する方が集中していること
なんかがわかりました
また今日は無理だなという日にも少し動いたりお料理をするなどして気分転換をすると少しやる気になることもわかりました
これをすれば大丈夫という決定打はないのですが少しずつできることが増えては来ています

お母さんの忍耐力と気力
いつもフル活躍で擦り切れていきやすいものです
時間がかかる子どもさんたちです
でもきちんと育ちます
ゆっくりゆっくり
一歩ずつ
着実に一緒に育てていきましょう

擦り切れてきつい時にはお話聞きますからね
みんな本当に頑張っていると思います
ときに急がずに
着実に




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2018-01-22 08:00 | 家族
「お母さんに言われると苦しいことがある」
「お母さんにだけは言われたくないことがある」
こんなことを話してくれた男の子がいました
大学生です

お母さんは心配で
「就活は大丈夫か?」
「バイトぐらいしたほうがいいのではないか?」
「ゲームはやめたらどうか?」
といわれる
でも就活が近づいてくると緊張と不安でゲームの時間が増える
バイトをすると自分のできない部分が露呈してきついからしたくない
こんな気持ちでぐちゃぐちゃになっていたようです

そうなんです
男の子にとってお母さんは特別な存在
時には「見て見ぬふり」「わかっていてもわからないふり」をしてほしいのです

こんな子どもさんはプライドからお母さんや周囲の大人に大きなことを言ってしまうのです
「僕は大きな会社しか受けない」
「小さな会社はお給料が少ないから行きたくない」
なんて
前に進めないけどでもやればできると自分でも思っておきたい
できるところを見せたいけど今は難しいから負け惜しみを言っておこうなんて・・
こんなことを聞いたらお母さんは何もわかっていないと思ってまたいろんなことを言ってしまうのです

「社会を見たい」でも「本当に見てしまったら自分のできないところが見えて動けなくなる」
これが彼らの本当の気持ちなのかもしれないですね

こんな場合はぜひ家庭の中で小さな社会を見せて経験させてあげてください
家事のお手伝いはできていますか
各料金の入金方法はわかってるようですか
家計簿のようなお金の流れの把握が身についていますか
こんなことから社会は見えてきます

でもこれをしてもらうときにはプライドを大切に
「お母さん今年から家計簿つけるんだけどわからないから一緒にやって教えてくれない?」
「お母さん銀行のこととかうといから教えてくれる?」
「手が痛くてお洗濯物が干せないんだけど手伝ってくれる?」
そして必ず
「たすかった」
「ありがとう」
の声掛けを忘れずに

かっこいいこと=自信=やるき
なんですよね
特性のある子どもさんたちはどうしても新しいことや苦手なことに向かいときに大きなハードルを感じます
でもそんなときに誰かかがそーと背中を押してくれたり励ましてくれるとずいぶん楽なんです
おとなになるまでもう少し
なかなか支援が途切れることはありませんが上手に支えてあげてくださいね





にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2018-01-03 08:05 | 家族

冬休みの過ごし方

冬休みどのようにおすごしですか?
宿題もありますし
お出かけもありますし
忙しい中で過ぎていきますね

子どもたちの過ごし方はゲームにテレビにタブレットなんてことがありますね
移動中もどこに行くにもゲームやタブレットをもっている子も多いですね
いい体験ができるときにゲームはもったいないですね
この休みの時間を使っていつもはできない経験を少ししてほしいですね

難しいことでなくてもいいんです
こんなことはどうでしょうか?


テレビを見るならストーリー性のある歴史ものの映画を選んでみる

マンガでいいから少し知識の学習できるものを読んでみる

外に行ってお正月ならではの遊びをしてみる

日本地図を眺めながら親戚の家や芸能人出身地などを書き込んでみる

あるこどもさんが冬休みに始めた遊びがこれです
c0109174_07411500.jpg

上手にできているでしょう
男の子なんです
編み棒も使わずに指で編んだものです
みんな編み物素人だそうですよ

あそびいろんなところに眠っています
楽しんでみてくださいね



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2018-01-02 07:43 | 家族

子離れ親離れの難しさ

子離れ親離れの時期は10歳以降に来ますよね
この時期に少し距離を置いてあげることで子どもの心は大きく成長することは多くの人から聞くところですね。
ただ特性のある子どもさんたちは充分な支援のもとに自尊心を育てる時間が必要です。
この基礎ができていて初めて自立に向かうことができるのですがこれが非常に難しいですね。

なかなか自分のことを上手に話すことができない子どもさん
自分のものの管理に苦慮して手伝いを必要としている子どもさん
学習に困難さがあり支援を必要としているこどもさん
みんな親離れ子離れの時期に困難さを抱えます
支援は必要だけど、でも少し距離を置いて配慮してあげること
おとなの方が子どもの複雑な気持ちを理解して配慮することが重要です

「お母さんがいないと勉強ができない」といった子どもさんがいました
支援は必要だけど自立するための支援が重要
支援を間接的に受けれは自分で行動できるようになります
自分でできるようになるのがゴールですから
助けてほしいことや困っていることを伝える力をつけてあげたら距離をとってあげてください

そしてこの時期お母さんの気持ちのコントロールも難しいことを頭に入れておいてくださいね
自立してほしいけど手がかかる
いつまで支援が必要なのか?
この先どう大人になっていくのか?
距離をとろうと思うがなにもできないから手がはなせない
こんな不安がいっぱいだと思います
でも大丈夫
お母さんがこんなに心配してこんなに考えて育てているのですから
必ず伝わっています
一緒にゆっくりゆっくり距離をとりながら育てていきましょうね






にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

[PR]
by forza-passo-71 | 2017-11-01 23:29 | 家族
秋の運動会がそろそろみなさん終わっている頃でしょうか?
運動会の時期はみんな調子は悪いものです。
ストレスを
学校でも出せる子
家でしかだせない子
いろんな子がいます

家族はハラハラしながら見守って当日を迎えます。
当日もハラハラしどうしだと思います。
疲れ果てて疲労困憊のところを子どもさんもストレスパンパンで衝突
何とか持ち直して学校に行ったかと思えば次は違うトラブルが舞い込んでくる

いつになったら解放されるのか?
どうしてほかの子のようにさらりと乗り越えられないのか?
大人になれるのか?
簡単な日常のことがこなせなくてこの先どうなるのか?

いろんなことを考えていたら気持ちが切れてしまいそうで・・・・。
とあるお母さん。

本当にその通りです。
きついですよね。
疲れますよね。
辛いですよね。

こんな時には少し離れましょう。
いいんです。
少し休憩しては慣れて仕切り直し。
美味しいものを食べて愚痴を思いっきり言いに来てください。
いっぱい話しましょう。
悪口はダメだけど愚痴なら大丈夫。
一回お母さんの気持ちをリセットして再出発です。

特性のある子の子育ては本当に疲れます。
修行のようなものです。
周りのお母さんの何倍も頑張っているのにうまくいかない
なんでだろうと思いますよね

お母さんは頑張っています。
とっても素晴らしいんです。
でも疲れます。

一度休みましょう。
少しの時間リフレッシュしましょう。
自分をほめてください。
こんな忍耐の子育て他の人にはできないだろうと胸を張ってください。
お母さんは頑張っています。
大丈夫です。
ゆっくりやりましょうね。



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-04 22:33 | 家族
子どもさんが勉強しない
「勉強したの?」と聞くと嘘をつく
何度言っても同じように逃げる
こんなご相談は多いものです

子どもさんに
「なんで勉強するの?」と聞くと
「怒られるから」と答える子もいます
「怒られなくなったらどうする?」
「・・・しないと思う」
「勉強わからないのかなあ?」と聞くと
「そんなことはないけどめんどくさい」との答え
解く力も持っているようですがしたくないものはしたくない
こんな時お母さん方はどうすればいいのでしょうか?

「宿題をさせることはあきらめました」
「怒ったり怒らなくてあきらめたり日によって違うのもいけないんでしょうけど。正直こちらがもちません」との答えが一番多いようです。

「勉強は楽しくないの?」と聞くと
「楽しいものもある」というのですが
こつこつ積み上げていくことは苦手な嫌いな子が多いですね
計画を立てられないことが原因の子もいます。

学校の宿題の定義を子どもたちに話します
「世の中にはしたくなくてもしなければいけないことがいっぱいあるんだよね。先生たちはきっと勉強と同時に我慢する力も教えてるんだよね。できるできないではなくて楽しい楽しくないではなくて我慢する力をつけていると考えることはできないかなあ?」
「国に法律があるように学校にも決まりがある。この決まりを守ることは大事なことだよね。君には難しいかなあ?」
なんて話しかけると
「難しいわけではないけど・・・」なんて言いますから
「じゃあ。そんな気持ちで取り組んでみてよ」と話します

勉強を促す時にも
「早くしなさい」
「どうしてぐずぐずするの?」
「勉強しナイトゲーム取り上げるからね」
なんて言わずに
「どんな状態になったら宿題を始められると思う?」
「今日の宿題はどれくらいかかる?」
なんて本人の思考を聞きだすように声をかけてみてください。
話しながら時々おこるのは
「1時間で終わるわけないでしょう。この前何時間かかったと思うの!どうして同じこと何度も繰り返すの!」
なんて状態です。お母さんの気持ちは痛いほどわかります。見通しがたてられていないし考えていないと悲しくなりますね。
でもまずは本人が言ったように10分様子を見てその後に
「今6分の1終わっている?」
という声かけがいいですね
自分で時間することが必要なんです。
気づかせ上手になりましょう。

子育ては忍耐
子どもの思考の上を行きましょう
先に先に考えを否定されたら子どももイライラしますので
幼ない思考を肯定して考えさせていくことが重要です

大人の頭も切り替えて
なんで勉強させているんだろう?
この宿題がこの子の将来にどんな影響をもたらすのかなあと考えながら伝えることを整理しましょう

きっとこの努力が子どもさんが大人になったときに世の中に立ち向かう力になるはずです。
いい高校や大学に入る力ではないんですよね。



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-09-26 09:57 | 家族

社会常識の理解のずれ

大学生の子どもさんのお話です
大学で勉強中、おこずかいをもらっています。

お母さんは大学生になったら自分のお金が欲しくなってバイトなどをするのではと思っていたけど一向にバイトをしそうにない。
どうするのかなあ?
バイトをしなさいというのもどうかなあと声をかけれずにいたようです。

本人はバイトをしてみたいけど面接で落ちてしまってバイトが見つからないことで悩んでいました。
悩んではいますが動き出すこともなく立ち止まっている状況。
どうしたらいいかを考えるでも相談するでもない状態でした。
さらにこのバイトをしてみたい本人の気持ちとお金がほしいという気持ちは全く別でした。
本人は就職のためにバイトをしてコミュニケーション力を高めたいと思っていたようです。
なので全く切実な問題ではなくそのうちに経験してみようといった程度のものでした。

本人に「お母さんたちに大学の授業料や交通費などのお金を出させているからバイトしておこずかいはいらないよと言うのはどう?」と話をしてみました。
すると本人は「????授業料??交通費??」とびっくりしていました。
こんなところにお金がかかっていることがわからないようです。
そこで紙に1か月にかかるお金を書き出してみました
授業料  9万円 (年間の授業料を12か月で割りました)
交通費  1万円
昼食代  1万5千円
本代   5千円
お洋服代 5千円
携帯電話代 1万円
遊ぶお金  1万円
これだけで10万5千円かかっているのです。
本人はびっくりしているようでした。
バイトをするために面接を受けるけど受からない。
働くことは難しそうなのにこんなにお金がかかっている。
いろいろなことの全貌が見えてきたようです。
「自分はどうしたらいいと思う?」と聞くと「わからない」という答え。
「そのままにしておく?」「人にアドバイスしてもらう?」「バイトをやめておく?」と聞くとアドバイスしてほしいとの答え。
具体的に面接の受け方や働くときの心構えなどを話しました。
話を聞いていくと面接の時に「時間があるときに来ます」「きついことは苦手です」「たとえ時間が空いていても急に仕事に入ることはしたくないです」などと言っていたようです。
お仕事をすることの意味や少しは周囲の人にあわせないと仕事は難しいことなどを話しました。

見えているところが狭いこと
難しかったり困ったら止まること
働くことや学校のことなどみんなと同じ感覚(社会常識)を身につけるためには充分な説明がいること
これくらいの年齢になったらわかるだろうという気持ちは危険なこと
を感じました。
一つ一つ充分に説明し本人が納得いくように理解してもらうこと
あくまでも説教したりどうしてわからないのといった感情で接しないこと
これが重要な気がします。

いろいろなことの全貌が見えた後この子どもさんがどのように考え動き出すかこれからも見守っていこうと思います
一つ一つですがやはり解決するためには説明と学習が重要だと思います



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-09-10 09:03 | 家族

子育ては忍耐?

時間になってから動き出す
人を待たせていてもいたって平気
注意されることに慣れていて返事だけして動かない
何度も言うとキレる
ものをだしたらそのまま
脱いだら脱いだまま
お風呂に入りたがらない
歯を磨きたがらない
好きなことだけしている
提出物が出せなくても平気

こんな子どもさんのお母さんから
「頭がおかしくなりそう」とヘルプがありました。
友人に相談すると男の子はそんなもんよ
うちもそうよなどと言われるけど
程度が違う気がする

そうなんです。
その通り程度が違うんだと思います
本人もあせってないわけではないけど感情が顔に出にくい
自分の関心のあることはするけどほかは取り組まない
決まり事などが苦手
そんな特性がある子どもさんでした

声をかけてみる → 効果はない
怒ってみる  →  怒ったときだけ少しする すぐに効かなくなる
ほおっておいてみる  →  学校から親が見守ってくれと連絡がある
どうすればいいの・・・・
涙も出ますね
我が子ながらどうなっているんだと思いますよね

自分が納得しないとしないわけですから本人との話し合いが必要なわけです
でも親ではなかなか難しい
感情的にならずに話すことも難しい

そこでお母さんと
「しなければいけないこと」
「してほしいこと」
「少しはしなくてもいいこと」
を書き出しました。
宿題、入浴、歯磨き、時間割、身支度 等々
これを書き出してみると案外他の方法で削れるものがあるんです
時間割はせずに全部持っていく
歯磨きを朝だけお口の洗浄液にする
パジャマを普段着にしておく(間に合わないときにはそのまま行ける)

これを紙に書いて本人と相談
本人も納得してしなければいけないことが決まりました。
時間ぎりぎりにしか動かないのは変わらなかったので家じゅうの時計を10分はやめました。

少し改善が見えたようです。
ここまでしないと少しの改善が得られない・・・。
そう考えるか
改善が見えてきたぞ!
と考えるか

本当に忍耐の子育てでこんなに頑張っているのにあまり評価されないお母さん
辛いですよね
でも、見る人が見ればお母さんの頑張りは充分にわかります
何より子どもさんの成長に直結してて素敵な大人になっていくんです

お母さんは頑張っている
お母さんは素晴らしい
一緒に乗り越えていきましょうね


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-09-05 09:57 | 家族
「学校に来たくないよ」
「学校面白くないよ」
そういわれたお母さん
心が凍って言葉がでず
とうとううちにもやってきたのかなあ…不登校・・
こんな気持ちになったそうです

うまく自分の気持ちが言えない子どもさんは多くを語りません
こんな時には聞く相手の想像力が物を言いお互いの相乗効果で不安が高まります
まずは子どもさんの気持ちをきき出しましょう
「そうなんだね」
「いつからそう思っていたの」
「どんな時にそう思うの?」
なんてさらっと聞いてみてくださいね
面と向かってまじめになんてことはせずに
何か洗濯物を干しながらや料理をしながらがいいですね

本人も気持ちの整理や原因がはっきりしていないこともあるんです
おしゃべりしながら自分の気持ちに気づく子もいます
勉強のことなのか?
友達関係なのか?
先生との関係か?
提出物ができていないのか?
いろんなことを考えながら

まずは気持ちの整理
自分と向き合うことなんです

学校の話をしたらお母さんが何も言わなかったけど自分のすきなグラタンを夕ご飯に出してくれたのはわかった。
こんなことを言う子もいます。
聞かれてはじめて勉強のことで憂鬱だったことがわかった子もいます
本当は学校に行きたくないのではなくさみしかっただけで話を聞いてほしかったみたいという子もいます
まずは子どもさんの気持ちを知りましょう

焦らずにゆっくりと
一緒にふらっと出掛けてもいいんです

今の子どもたちは忙しいので
時には自分を見つめる時間がほしいのかも
お母さんやお父さんが焦るといいことありませんよ
焦る気持ちは私たちと分かち合ってこどもとはゆっくりした気持ちで向き合えたらいいなあと思います




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-08-29 11:16 | 家族

福岡のトータルサポートハローでは発達障がいの方やグレーゾーンの方々が相談に来られます。みんなが悩んで解決したことなどを綴っています。2017年4月よりトータルサポートハローに移行(support-hello.com)


by forza-passo-71
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30