カテゴリ:中学生( 28 )

子ども新聞

ニュースが好きでニュースをよく見ている子どもさんがいます。
でも本は読まない。
本を読むと疲れるというのです。
行がずれる
どこを読んでいるのかわからなくなる
こんなことが原因のようです

そこで彼が考えた学習方法
テレビで見て学習すること
短かい文章でて絵や写真の入った本なら読めること
この条件に合ったものから学習を進めることでした

お母さんも子どもさんの意欲に積極的に協力されました
夜寝る前にNHKの番組を15分見ること
一週間に1回くる子ども新聞を一緒に読むこと
自学ノートに新聞の切り抜きをはって感想を短く書くこと

なかなか大変なことなんですが
1か月頑張って続いていました。

学習が続いていることを子どもさんはキラキラした表情で話してくれました。
どんなニュースがあってどもが面白かったのか
新聞の内容だけでなくテレビで見た知識も感想の文章に入っています
字は大きくってひらがなばかりなんですがそこを指摘しないお母さんも素晴らしい
この学習は読むことと考えることが重要なので字をきれいに書くことを強要したらそこで終わってしまいます

さあこれから彼がどのように成長していくのか
楽しみです
いい顔しています
この自信が子どもさんを育てるんですね



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-12-01 06:33 | 中学生

不登校と肥満と昼夜逆転

不登校の子どもさんに多いのが肥満と昼夜逆転です。
どうしても動かなくなるので肥満がはじまりますよね。
朝学校に行かなきゃいけないから緊張したりきつかったりで夜眠れず昼夜逆転がはじまります。

理由は様々ですよね。
自分で不登校の理由に気づいている子やそうでない子。
気づいているのに認められない子もいます。

一番重要なのは一つ一つを怒ってもしょうがないということなんです。
学校にいけない原因があって生活リズムの崩れからいろんなことがおこるのです。

まずは自分に気づくこと
なにがいやなのか
なにがきついのか
どうしたら楽になるのか
学校に戻ることが目標ではなく自分に気づくことが重要です

今後の生活を考えると学校に行く時期は短いんです
でもその先の生活を考えたら集団にいる苦痛や勉強の難しさやコミュニケーションの困難さは認識していないときついのです。

話をしていると子どもさんたちが自分で自分のことに気づき始めます。
自分のできなさに気づくことは苦しいことですが認めることから始まります。
認められるようになるためにはうまくいった経験も必要です。
学校ではできなかったことが他の場所でかない始めて話し始める子もいます。

これができてくると生活にハリがでてきて昼夜逆転や肥満の問題が自然と解消していくことも多いようです

学校の授業では苛立つことや先生と合わないこともあるが学校にいることは好きだなあ
と気づいた子は高校進学の時の選択基準を卒業することができる学校選びではなく居場所になる学校選びにしました。
授業には入れなくてもいることのできる学校を選びそこで3年過ごし最後の学年は高校卒業認定試験を受け大学受験をしました。
今は大学に行って学んでいます。
授業を受けることや先生との相性の問題に悩みたくはないけど学校は好きだし勉強もしたい。
これが彼の理由でした。
全く授業にでないわけではなく大学のように先生を選び学びたいものは熱心に勉強しましたよ。
少しずつ先生にあわせたり我慢もできるようになって大学へ
大学では非常に適応しています

いろんな選択肢があるんです

まずは自分を知ることが重要

安定してくれば食事の時間と就寝時間を決めることで肥満も昼夜逆転も解消しますよ

さあ少し考え方が変わったかな?




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-09-23 06:56 | 中学生
あるお子さんから4月に中学について話があっていました
テストが毎日ある
何とか乗り越えてるから大丈夫
中学校って難しいって聞いてたけど大丈夫そう
こんな話でした

夏休み明けにこの子どもさんからヘルプが入って話を聞いてみると
時々テストの順番とかがでたりする
クラスで何番目とかがでたりでなかったりするのは何でかなあ
宿題ってないと思っていたらすごくあったりわからない
というのです

よく聞いてみると小テストと定期テストの見分けがついていないようです
小テストの時には先生はあんまり怒らないし頑張っているねという
でも時々・・これが定期テストですが・・・頑張っていないと呼び出される
宿題も●月●日までにワークの提出となると忘れてしまって気づいたり先生に言われてしようとすると量が莫大で
出来ずに終わることを繰り返しているようです。
ことばの混乱と計画を立てることに困難さがでているようです

そこで紙に書いて状況を整理
カレンダーに定期テストを黄色の蛍光ペンで
ワークの提出を各教科ごとの色で書き込みました
宿題に関しては一日何枚しないと間に合わないといった情報も盛り込みました

それを見てはじめて事の重大さに気づいた彼
こんなに宿題があるなんて…と言っていました

そうなんです見えなかったんです
状況の把握ができないまま4か月が過ぎたんでしょうね
これからは大丈夫
全部できなくても計画的にしていこう

話をしてくれたのでわかったこと
ありがとう
一緒に頑張ろう



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-09-09 07:24 | 中学生
僕、絵は描けないけど写真は楽しいよ

c0109174_14342546.jpg


夏休みに写真のワークショップで写真をしえてもらった子どもさん
絵は難しいけど写真で表現すッることの楽しさを知ったようです

素敵な角度から
これってなに?って思うほど近くから
いろんな個性的な作品がアルバムに収められていましたよ

思春期は
自分のことを見てほしい
表現したい
こんな気持ちのかたまりです

とても健康的は表現方法
気づいたらゲームの時間は激減
今年の夏休みは地下鉄に乗っていろんなところに出かけているようです
素敵な写真ぜひ見せてね

進路も少し見えてきたようですよ

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-08-17 14:56 | 中学生
「性的なものに興味があるのは健康である」ということは頭ではわかっているが
どのようにコントロールしてあげていいかわからない
というご相談が多くありました。

「興味のあることをすぐに口にしてしまう」
「繰り返し性的な発言をして周りの反応を楽しんでいることがある」
「映像や画像で見たことを実行しようとしてしまう」
「コンビニなどで躊躇せずに本を立ち読みしてしまう」
「パソコンで画像を見るのでウィルスでパソコンがダメになってしまうことがある」
「周りの子に踊らされ性的な発言をすることや行動をすることがすごいことのように勘違いしてしまっている」
「小さな子やプリキュアなどのアニメに過剰に反応するのを見ると怖くなる」


特にお母さんがこの状態を見ると非常に心揺れますね。
どうしていいかわからず
どう理解していいかわからず
先生に相談するのもどうかなあと思う
誰に相談していいかわからない

みなさん健全なのはわかるけど隠さないところに大きな不安がありますよね。
このマナーをどう教えていくのか?
マナーに関しては怒ったら逆効果
あなたを守るためにはあなたが誤解されないためには守った方がいいということを法律などを交えて教えることが重要です。
自分なりに充分納得することが大切ではないかなあと思います。
中には自分では止められないと泣く子もいますよ
ぜひ子供の叫びも聞いてあげて一緒に解決してみてくださいね。

そしてもう一つの問題は性的な興味のほかに熱中できるものをもっていいないことも問題です。
部活も続きにくい
家にずっといる
友達ともなかなか充分に遊べない
ゲームばかりしている
こんな時には体のパワーの発散ができませんからいいことはないようです
チームプレーではない水泳やマラソンなどはいいようですよ。
大人のチームに入って大人と一緒にさらりとした人間関係でスポーツを楽しんでいる子もいますよ。
運動が苦手な子は合唱やドラムや和太鼓も体を動かすにはいいようです。
都会の子どもさんは一人でできるインドアの機械相手の卓球やテニスもいいようです。
なにか自分の苦手さの中からこれならできるというものを見つけて楽しみにしておくこと
これは今は大人にも言えることのように思います。

多方面からの支援を考えていきましょうね。

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-07-30 06:51 | 中学生

ねえ 僕って必要?

お風呂上りにひとこと
「ねえ 僕って必要?」

これは重い言葉ですよね
何と答えていいのか?
どんなきもちのあらわれなのか?
お母さんは何も答えることができなかったようです

中学生特に2年生以降は本当に辛辣です
思春期ですからみんながとがっていますね
みんなと違うものに容赦がありません
そしてネットからはいろんな情報が流れ
一日に何百回もlineで話さないといけない
文字を書き込むとき言葉のボキャブラリーがない子は誤解を招くようなことを書いてしまいます
それをまた攻撃される
いろいろあるんでしょうね

こんな時には黙って聞いてあげてくださいね
お母さんにこんな言葉を素直に投げかける子どもさんは何かを求めていますよ

このお子さんとお話しすると
「勉強もできないし、部活もできんし、いいこと何もない」と言っていました
「いろんなことがうまくいかないんやね」と話を返すと
「なんでこんなダメ人間なんかね」と言います。
「ダメ人間みたいに思うん?」と聞くと
「まあ少しはいいとこもあるかもしれんけど・・・でもね・・・」
「少しはあるんやね」
「少しは・・・・・」
「よかった」
「少ししかないんよ」
こんな話をしながら
「大人もうまくいかんことだらけやし・・・老化するし・・・できん事増えていくし・・・」
何て私からも悩みを聞いてもらったりして
「そうかあ大人もきついんか?」
「なんで生きとるん?」との問いに
「少しやけどいいことも楽しいこともあるよ。今も話せて楽しい」というと笑ってくれます
「具体的に解決できそうなことはあるん?」と再度聞くと具体的な問題が3つほど
「じゃあまずはこれ片づけてしまおうか?」と具体的な対策を並べて取り組みます

・プリントの整理ができん
・提出物の提出日を間違えてしまう
・スマホもったけどlineがきつい。やめるタイミングがわからん。

これについては具体的に作戦会議を
・プリント整理はまずは一緒にやってみて3つの方法の中から一番いい方法を選んで実行してみる
・提出日は全部メモは難しいからノートわわーくの具体的なページに日にちのみ書き込む形式に
・lineは会話を一緒に分析。お風呂や塾に行くことを理由に上手に抜けるR君の抜け方を参考にすることに

これで少しは気持ちが軽くなったかな?
「人のことあんまり見てなかったなあ俺」と言った彼
みんなも悩み上手に回避していることに少し気づいたかも
ヒントは生活に転がっているよ
一緒にさがそうね

結論だけを言ってしまうことはあるけどその言葉の裏に隠れている言葉が聞きたいですね
聞き出すのは難しいですが・・・





にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-07-03 05:35 | 中学生

中学生の勉強の苦しみ

中学1年生の子どもさんから

勉強がわからない
先生の言っていることがわからない
というヘルプがありました。

ゆっくり話を聞いてみると
英語で
「主語とが動詞とかbe動詞とかわからない」
「意味を書きなさいとか言われても意味ってなんかわからん」
「単語ってなんなん?」

どうも言葉にやられているようです。
主語とは何かを確認
動詞とはないかを確認
そのあとにbe動詞を確認

詳しく話をしているとbe動詞と日本語でいう助詞の違いを聞かれました。

国語では、
「主語」→「述語」
「私は」→「つかむ」(動詞)
「私は」→「やさしい」(形容詞)
「私は」→「生徒だ」(名詞+助動詞)
こんなふうになりますよね

英語ではすぐに動詞がきますよね。
そこで彼が考えたのが「私は」の「は」がbe動詞なのか?ということでした。
これで混乱しているんですよね。
これではこれから「for」や「to」がでてきたらさらに混乱ですよね

基本的に日本語と英語では文法の仕組みが違うことを説明しました。

考えすぎなんですよね
考えすぎて動けなくなって授業が聞けなくなって・・・。
「意味を書きなさい」って言われてもcatは猫やし・・・
どうやって説明していいかわからんし・・・。
cat=猫 でいいんですけどね
やっぱり考えすぎなんです。

一通り説明したら少し表情が明るくなりました。
わからないことを言ってくれるのはとってもいいことですね
これでずいぶん勉強が楽なると思います。
自分がどこがわからないかを考える作業は難しいこともありますが
伝えてくださいね。



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-05-27 14:29 | 中学生
思春期の子どもさんをもつお母さんから
「まったく勉強しない」
「すぐにけんかごしになる」
「ゲームばかりしている」
どうしたらいいかわからない
という相談がありました。

まずは思春期の子どもさんはどんな気持ちなのかを考えてみましょう。
思春期の子どもは半分子ども半分大人なんです。
だからいつもぐらぐら揺れているのです。
大人の気持ちの日もあれば子どもの気持ちの日もある。
本人だってわからないくらいグラグラ揺れているんです。

お友達との関係や勉強、いろんなことに翻弄されながらときにきつくなってゲームやスマホに現実逃避してしまうこともあると思います。
こんな時に正論で追い詰められたらグラグラしている彼らは本気で怒りだします。

逆に質問です。
どうして勉強しないといけないのでしょうか?
どうしてゲームばかりしたらダメなの?
どうしたら勉強ができるようになるのでしょうか?
これにきちんと答えてあげることが大切なんだと思います。

将来役に立つから?
行きたい大学に行くため?
いい高校に行くため?
塾に行けばいい?

もっと具体的に話をして説明してあげる必要があります。
どんな仕事がしたいのか?
どんな仕事がしたくないのか?
どんな学校に行きたいのか?
どんな学校に行きたくないのか?
そのためにはどうしたらいいのか?
なにに躓いているのか?
なにが難しいのか?

そして一番重要なのは本人が考えどうするか選ぶことです。
子どもさんの人生です。
子どもさんが納得すること、自分できちんと考えて行動することが大切です。

この子どもさんは
「きついことが目の前にいっぱいあるとどうしていいかわからなくなってしまう」
「不安になるからゲームをしてしまう」
「わかっていることを何度もいわれるとイライラする」
「正論言われてもできないものはできない」
と言っていました。

そうなんです。
思春期の子どもさんを追いかけすぎないでください。
落ち着いているときにはきちんと話ができるはずです。
タイミングを待ってあげることも大切です。

あくまでも子どもさんの人生。
自分で考え動けないとずーっと横について怒っておかなければいけないし関係は悪化するばかりです。
怒っても解決しないときにはもう一度考えてみたください。

自分で考える時間をどうか作ってあげてください。
自分で考える余裕を作ってあげて下さい。
きっと本人が一番焦っているはずです。
良き相談相手がそばにいることが重要になってくると思いますよ




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-05-07 22:32 | 中学生

新学期の緊張

「ゆんぶ(入部を間違って覚えている)とどけってなに?」
「部活見学会っていつあるの?どこに行けばいいの?」
「お母さんに出してって言われたプリントを出すところはなかった」
「どの先生が何の先生か?誰に何を聞いていいのか何もわからない」
「クラスの子の名前が覚えられない」
「保健調査などの提出物はずっとかばんに入っているが出せずに毎日帰ってくる。」

中学に入学した子どもさんの疑問を聞いてみました。
聞きなれない言葉を聞いて聞き間違えて覚えてしまったり
参加してもいいし参加しなくてもいいような曖昧な指示をうまく理解できない。
顔と名前が一致しにくいので質問するにもどの先生に聞いたらいいのかわからない。
どの子が同じクラスかわからないから誰についていっていいかわからない

困っているもドキドキしているので疲れて帰ってきたらすぐに寝てしまう。明日の用意があるので夜中にごそごそ宿題をして準備をして寝て寝不足のままでかけてしまう。
もう疲れはピークですね。

一度一緒に学校に行こうと放課後に先生に会いに行きました。
困っていることを話すと先生は
「よく言ってくれたね」「きつかったね」
と言ってくださいました。
部活のことを丁寧に説明してもらい教室に提出物入れコーナーを作ってもらって一件落着

今日は少し安心して眠れるかな
早くいろいろなことに慣れて落ちつけますように




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-04-20 21:18 | 中学生
我慢することが難しい
思い立ったらすぐに実行したくなる
欲しくなったら手に入るまでぐずぐず言ってしまう
こんなことが繰り返されて

万引きに
親の財布からお金が抜かれて

こんなトラブルを抱えている方はいませんか?

皆さん言われるのはすぐにばれるような嘘をついて逃れようとする
怒られても同じことを何回もしてしまう
どうしてわからないのか?
どうやったら伝わるのか?
ということです。

そうなんです。
本人はうそをつきたいわけでもなく悪いことをしたくないとも思っているのです。
でもいくつかの欲求や出来事の中から自分でしていいことと悪いことを選ぶことができないのです。
面白いことにすぐに飛びつく
ワクワクすることが好き
でもすぐにトラブルになるのでそんなときには嘘をつきとおすか黙って回避しようとする
自分でもどうしていいかわからずにしてしまう行動なのです。

まずは自分が我慢が苦手で一度考えて行動することが難しいことに気づくことが重要なのです。
気づくということは周囲の人と共有できるということです。
そうなれば怒られるから黙っておこうとは思わずに相談することもできるようになります。

あるお子さんはずいぶん長い間自分が我慢ができないことに気づいていませんでした。
嘘をつきとおしてしまう。
黙って回避しようとする。
自分の弱さにあえて向き合わないように過ごしてきたのだと思います。
あるとき嘘をつけない状況ができてしまった。
お金をとっている場面にある大人が遭遇してしまった。
自分ではない
してないと言い通しても見られている以上は事実は事実。
でも長い間とろうとは思わなかった
触っていただけ
と言い逃れをしました。
この時に我慢ができないことや悪いとわかっているのにしてしまう人がいて本人も困っているという話をしたんです。
その時の彼の顔は忘れません。
涙がどーとでて苦しかったんだろうなあと思いました。

お母さんやお父さんもきついんです。
物をとる行為は犯罪ですから親にとってはとてもきついことですよね。
何度言っても改善しなければときに手が出ることもあります。
親のほうがおかしくなりそうと言われることもあります。

みんなきつい状態ですから、少しずつ改善していきましょう。
我慢をするという学習は日々の積み重ねです。
すぐに獲得することはできないのです。
大人でも我慢がきかないから「ダイエット」「ギャンブル」「お酒」「借金」なんてキーワードにドキッとしてしまうわけです。
手に入らないものがあること
我慢して我慢して獲得するからうれしいものがあること
きついけど頑張ったからこそ得られるものがあること
そんなことの学習が大事なんです。
勉強もその中の一つです。
学習させるためには付き合わないといけない
ときには親も同じように学習が必要な場合もある
でもがんばったら見えてくるものがあります。

親の我慢も時に子どもには見せてあげてくださいね

少しずつ我慢ができるようになってきた子どもさんが
「なんで親が自分で稼いだお金を親自身が使わないのかなんて考えたことなかった」
「買ってもらって、使って当たり前だと思っていた」
「自分が親になってできるかなあ?」
と言ったことがありました。
これに気づいたらすごいことですよね。
初めて稼いだバイト代を全部親に渡してみたらという話からこんな話題にたどり着いたのです。

今が学習のチャンス。
スマホにパソコンに今の子どもさんには誘惑がいっぱい
学習しなければいけないこともいっぱい
ぜひぜひ日々の積み重ねを
一緒に頑張りましょうね
あきらめたらそこでおしまいですから

にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-03-31 21:06 | 中学生

福岡のトータルサポートハローでは発達障がいの方やグレーゾーンの方々が相談に来られます。みんなが悩んで解決したことなどを綴っています。2017年4月よりトータルサポートハローに移行(support-hello.com)


by forza-passo-71
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30