<   2017年 10月 ( 17 )   > この月の画像一覧

算数検定

今日は算数検定があっていますね。

「僕は何もできない」
「どうせ僕はできんもん」
こんなことを繰り返していた子どもさん

ひょんなことから算数検定を受けてみたんです
1年生の時に幼児さんの問題からスタート
合格の通知をもらったことが自信につながって
今回も受験します

認められることはうれしいことですよね
ありがたいことに算数検定は10級11級などとなっていて学年ではないので
自分の学年より下の級を受けても大きな抵抗はないようです
問題も多くないので抵抗なく取り組んでいます
学校の算数の宿題よりしっかりしますよ

認められること
できること
この体験を繰り返して笑顔で学んでほしいものですね


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-29 10:51 | 学習
小学校低学年から中学年の子どもさんで「でも・・」「だって・・」が多くて
なかなかこちらの話を聞いてくれないという相談があります。
こんな場合大人に勝てるほどの理由をさがせないので怒られて終わるのですが・・

こんな子どもさんの場合一度小さいころをおもいだしてみてください。
一般的には2歳ごろからのイヤイヤ期
この後くる「でも・・だって・・・どうして・・・」の時期を経て小学校に入学となります
でも少し発達のバランスが悪い子や表現力が伴わない子はこの時期がおくれてくるんです
周囲の大人からしたら育てやすかった子が急に反抗的なことを言い出しますから
反抗期?
となりますがこれこそ自分の意見をまとめて伝える練習をしているんです
いい勉強なんですよ
お家で勉強して学校でデビューするんですから上手に育ててやってください
言われたことを言われたとおりにできるようになることがいい育ちではありません
自分で考え自分で行動できることがいい成長につながります
考えたことを経たなりに伝えようとしているのですから上手に育ててあげてくださいね

例えば
「宿題は?」→「これ終わったらする」→「宿題しないの?」→「もう少し」→
「宿題しなさい!」→「だってお兄ちゃんがテレビ見てるからうるさくてできないもん」→
「いいかげんにしなさい」
これをこんな風にかえることができたらいいですね
「宿題は?」→「これ終わったらする」→「終わったみたいだけど」→「もう少し」→
「何時からする?」→「6時から」→「それができないときはどうする?」→
「やめきれないと思うから本を預かっておいてくれる?」→「わかったよ」

本人の考えや思いをどう引き出すか?
どうスムーズに伝えさせるか?
自分自身が自分を振り返るくことができているか?
こんなことが重要ですよね

反抗期というくらいですから成長にはとても重要なんですよきっと
上手に反抗させてあげてくださいね


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-28 11:26 | コミュニケーション

小学校高学年の社会

小学校高学年
社会のテスト

食料自給率
輸入
輸出
地産地消
経路

ことばがわからずにテスト中寝てしまう子どもさん
なんとなくわかればいいのですがなんとなくでは納得できない子はきついんです

そこでnhk for schoolで映像を用いて理解を深めて、もらうことに
そこで出てきた言葉は大人がその都度説明をします

少しずつイメージがわいてきてか再度教科書を大人が読み興味がわくかどうかを確認
「これも輸入品じゃない?」
「イオンの●●っていう店は輸入品が多いイメージだよね」
なんて言葉が飛び交いだし
少しずつ伝わってきた印象がありました。

「見てもわからん」
「どうせできんもん」
からこの興味まで持っていければ少し大丈夫
再度といてみるとずいぶん点数は変化していました

これで授業中に寝ることは少し減ってくるはずです
6年生になったら社会は歴史になっていきます
興味がなければ1年間寝ることに

さあ今から好きな女優さんや俳優さんのでる歴史ドラマや歴史漫画で理解を深めることに
日常会話にこのような情報が飛び交い始めたらいい傾向ですよ



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-28 10:54 | 学習
「どこまでいったら許してくれる?」
ある日ふとこんな話をお母さんに投げかけてきた子がいました。
よく聞いてみると
低学年のころから学習がやや遅れていたのでお母さんがついて勉強してきたとのこと
勉強は好きじゃないが教えてもらわないとできないからきちんとやってきた
毎日の勉強時間は3時間
頑張ってはいるが成果は芳しくない

こんな状況で出た言葉だったようです

本人と話をしてみると勉強しているときつい
勉強しないといけないと思うとお腹や頭が痛くなる
でもやめたらできなくなる
だから我慢してする
ときにはお勉強中に1時間トイレにいることもある
そんな状態でした

私は彼に「どうして勉強するの?」と問いかけました
「しないとできなくなるから」との答え
「勉強は楽しくない?」と再度聞くと
「うん」というのです

同じ質問をお母さんにもしてみると
「学校の勉強についていくため」との答え

子どもさんが体を壊してまで
親子の時間をすべてつぎ込んでまで学校の勉強についていく必要があるでしょうか?
学校の勉強についていくためではなく考えることが大事だから勉強をしているのではないかなあ
考える癖をつけるために勉強しているんじゃないかなあ
机に座っていなくてもいいんです
お店で売っているものの産地を見て日本地図を眺めてもいいんです
お料理をしながら物の量や図り方を実感してもいいんです
家の中をいろんなものではかってもいいんです
物を使って算数してもいいんです
テレビでドラマを見ながら社会を学んでもいいんです
あまりかたく考えずに楽しみながら学ぶ方法を考えませんか?
プリントとノートとにらめっこしなくても勉強できませんか?

きっと子どもさんもお母さんもきついんだと思います。
楽しくないんです。
もっと考える楽しみやわかる楽しみを実感しましょう。
一緒に考えますよ。

煮詰まったら
追い詰められた気持ちになったら
一度全部止めて立ち止まって
考えてみてください

素敵な大人になるためには何が重要か?

豊かな経験と考える力です
この世の中で生きていける柔軟な考えなんです

何点取るかは問題ではないんです

みんなの笑顔のと大きな成長のためにもう一度考えてみませんか?
きっと笑顔が見つかる方法があるはずですよ



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-23 21:44 | 学習
不登校になってしまった子どもさんと話をしました。
どうして学校がいやなのか?
何かあっていけなくなったのか?
自分でもわからないというのです
そこで今の自分の気持ちはどんな気持ち?と聞くと・・・????
・学校に行けなかった…という気持ち
・学校に行かなくなってすっきりしたという気持ち
どっち?
と聞くと「今日も行けなかった・・」という気持ちと言います

今まで困ったことはあった?と聞くと
・・・人といるのがきつかった・・・
という答え
そこから今までのことを聞くと

自分の意見を言ったことがない
人の考えていることと自分の考えていることが違うことが多い
思い違いをしたり勘違いして失敗することが多い
失敗することがとっても苦手
間違いそうなときやわからないことはこたえないようにしている
理由がわからずに怒られたことが多くある

こんなことがでてきました。
苦しかったね
きつかったね 
と話しかけると涙があふれてきました。
誰かにいったことはある?
そう言われて
誰かに行ったら何か変わる?
ときょとんと聞き返した子どもさん
お母さんにも言っていなかったんだね
この違和感生きにくさ
中学生まで抱えてきつかったでしょうね
小学校低学年からあったようです
気づいてあげられなくてごめんね
今からは大人があなたのことを理解するからね

涙があふれてあふれてこちらまでもらい泣きしそうでした
自分としては常識だと思っていたことが人に通じない
自分に自信が持てない
何をやってもうまくいかない
中学生になったら変わると思っていたのに変わらなったショック

いろんなものが絡んで動けなくなっての不登校
休みたいと思ったことはない
動けなくなっただけ
学校に行っても気分が悪くて帰ってくるようになってしまっただけ

これは体が助けてと言っているんですよね

まずは自分を知ろうということで自分の考えや思いを書いてみよう伝えてみようと話しました
どんなところできついのか
どんなところで躓くのか

学校に行って友達にあったときに何といえばいいのか?
学校に行ってなくてスーパーに行ったときに人から今日は学校は?と聞かれはしないのか?
こんなに学校を休んでしまってもう戻れない
戻るならクラスが変わった4月しかない

こんなことを考えていたら動けないですよね
学校に行っても友達に会わないでいい方法があること
クラスに戻ることだけが学校に行くことではないこと
いろんな子がいて自分に合う子にまだ出会えていないこと
こんなことを話しながら日々一つずつ変わっていっている時間をもってみようと計画を立てました

楽しみを見つけること
楽しみを実行すること

こんなことから進んでいこうね
よく頑張ったよ
今からは自分らしく生きることも考えてみようね





にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-21 12:38 | コミュニケーション

こんなのできたよ

小学校2年生の子どもさんです
帰宅後機嫌が悪くいろんなことに突っかかりイライラの連続
「どうせ俺はできんのやけん」
「俺に何もさせんで」
こんなことを繰り返します
お母さんもどうしていいかわからなくなって電話をしてみたらと提案されたようで電話がかかってきました

よくよく聞いてみると学校の放課後児童クラブでワミーという組み立て式のおもちゃをしたようです
みんながいろんなものを考え作り出していく中自分ななにもできなかった
それでイライラして帰宅後も八つ当たりをしていたようです
これを聞きだすまでに30分かかりました

そこでわからないことはみんなにあること
わからないことをそのままにしているときついこと
自分にわかるように教えてほしいと伝えることも重要なこと
こんな話をしました
そして空間認知の悪いこの子どもさんにワミーは難しいこと
全体を見ずに部分に注目して観察するように具体的に教えました

それから3時間
先ほどこんな写真が届きました
ごはんも食べずに彼が取り組んだものがこの写真です

c0109174_21582760.jpg



よくできていますね
泣いて怒ってそれはそれは大変だったようですが涙を流しながら出来上がったものは素晴らしいです
やめなかったこと
あきらめなかったこと
教えてと言えたこと
いろんなできたが集まっていい笑顔でした
絶対大きな自信になるよ
頑張ったね
人と比べずに自分の気持ちと闘った結果です

ゆっくりご飯を食べてね
きっと今までのどのごはんよりおいしいよ


にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-18 22:06 | 小学生

算数がわからない

ある高学年の子どもさんから算数がわからない
みんなができることができない
簡単な足し算もあせったらわからない
引き算もできなくなっている
こんな連絡がありました

本人はパニック
もう学校も行きたくない
わからないことが多いから
宿題もできない
クラスのみんながどうしてできないのって言っているように感じる

できないことに不安が重なって混乱しているようでした

まずは気持ちを整理
できない単元にはいって混乱したんだよね
でもできる教科もあるよね
全部がダメなわけではないよね
できるところから頑張ろうよ
大丈夫だよ
落ち着いてゆっくりやろう

こんな話をしながらノートに困難の原因を書き出す
中学校は小学校より厳しい
テストもいっぱいあって宿題も多い
勉強ができないとひどく怒られる

こんな情報が大きな混乱の原因でした
これに算数の思考を重視する単元のわからなさが加わって大混乱したようです

きつかったでしょうね
正しい情報を伝えてわからないことでひどく叱責することはないよ
わからない問題は少しずつ解決していこう
と話をしました
滞っていた他の教科の勉強も少しずつ取り組み始めました。
ちょっとしたことですが子どもたちの心を大きく混乱させるんですね
2週間以上滞っていた宿題
2週間以上生き渋っていた学校
2週間以上繰り返し授業を抜けて保健室に行っていたこと
これが少し整理するだけで解消しました

先生にもこの単元は難しくてわからないから授業中にあてないでください
あたらないことがわかれば安心して授業に参加できるので
とお願いにも行ったようです

自分のことを理解しておくことは非常に重要ですね
きっと混乱も少しずつ解消するよ
一緒に頑張ろうね



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-17 23:03 | 学習
小学生の子どもさんのことでお母さんが相談に来られました
興味の偏りが強く好きなことはするけど興味のないことには見向きもしない
このまま好きなことだけをさせていていいのか?
授業も聞くものと聞かないものがはっきりしていて先生からの指摘があるということでした

ちなみに好きなものは歴史や時事問題
算数の図形などの思考問題
化学や物理系の図鑑

そのほかのものにはほとんど興味を示さないそうです

でも考えてみてください
すごく面白いことに興味をもっていると思いませんか?
苦手なことにも取り組むように声をかけるのか?
好きなことを極めるように声をかけるのか?
響くのはやはり好きなことを極めることですよね。

c0109174_22181921.jpg

まずはこんな雑誌を購入
隅々まで読んで楽しんでいます
この本に書いてあることはどんなジャンルでも結構読みますよ

c0109174_22234081.jpg

この問題集は大好きで目を輝かせて取り組みました

少し視点を変えて好きなことを鍛える
自信がついてきたら少し苦手なことの提案してみる
苦手なことをしたら大好きな勉強ができる
こんなところから取り組んでみてはどうでしょうか?

考えることは好きだけどその他ことはめんどくさい
好きなことだけしたい
こんな子どもさんに
いいところをそのままに少し我慢してもらうこと
これが課題ですね

楽しいことが増えた分
頑張れることも増える
この思考でぶつからずにいいところを伸ばしていきましょうね




にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-16 22:26 | 小学生
c0109174_12115760.jpg

火曜日に来ている社会人グループのお兄さんたちが作ってくれた本棚です。
なんだか相談室が素敵な空間に生まれ変わりましたよ
いつもありがとう。
これで本も見やすくなってみんな助かります。
c0109174_12310327.jpg

c0109174_12303532.jpg

c0109174_12301248.jpg

みんなありがとう。



にほんブログ村 教育ブログ 療育・早期療育へ
にほんブログ村

にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-14 12:31 | 社会人グループ

すごい本を読んだんだ

あるこどもさんがすごい本を読んだんだと教えてくれました。
勉強が好きになる
というマンガでした。
この本に書いてあることを少しずつ実行しています。
彼は3年生。
まわりをみて自分が整理ができない
すぐにものをなくす
勉強がうまくわからない
こんなことを考えていたようです。
本屋さんでこの本を見つけてやってみようと思ったようです。
百円ショップでファイルとファイルスタンドを購入。
机の上にセットしてさぁどう変わるかなぁ
c0109174_07443297.jpg


c0109174_07453962.jpg
本を見て変わりたいと思ったこと
そして行動したこと
これだけでもう変わってます。
こどもはすごいですね。
ゆっくりでいいからね。


[PR]
by forza-passo-71 | 2017-10-13 07:43

福岡のトータルサポートハローでは発達障がいの方やグレーゾーンの方々が相談に来られます。みんなが悩んで解決したことなどを綴っています。2017年4月よりトータルサポートハローに移行(support-hello.com)


by forza-passo-71
カレンダー